高得点の論文の特徴|高校の中でも評判の良い興学社高等学院の魅力

高校の中でも評判の良い興学社高等学院の魅力

高得点の論文の特徴

婦人

注意したい論文の構成

小論文は大学受験の試験の中でも大きなウェイトを占めています。その中では様々な能力を必要としているからですが、まずはその書き出しが大事です。小論文の内容はその書き出しの結論を前提にしています。どのような結論を持ってくるかによって、その後の展開は変わります。また小論文の点数の付け方を知っておくことも大事です。大学によってその配分は異なりますが、重要なことは書き出しの結論と小論文全体の整合性が取れているか否かです。その結論自体が正しいか否かではなく、論理的に文章が成立していれば、高得点につながります。さらにその論拠が独創性であるほどに高い点数につながることも重要です。書き出しの結論の独創性が問われるわけです。

高得点となる論文の特徴

高得点となる小論文の特徴は、論理的に文章が構成されていることです。書き出しで提示している、テーマに対しての自分の意見が正しいことを論理的に説明できているかどうかが問われるわけです。さらにその文章表現がどれほど正しいかも得点に影響します。書き出しの結論が独創的であるほどに高得点につながりますが、その分それが正しいと証明するのは難しくなります。そのバランスをいかに取るかがポイントです。そのためには普段からあらゆる論点に対する説明をする練習が必要です。できるかぎり難しい結論に対して、それを論理的に正しいと証明する練習を積むことによって、試験で与えられるテーマに対してインパクトを与えられるものが書けるようになります。